FAXDMの名人

FAXDMは対法人へのプッシュ型&低コストの宣伝手法。まだまだ新規顧客獲得にFAXDMを活用できます。このサイトでは反応率アップ、クレーム対策、法人リストのノウハウ情報をお届けしています。FAXDM成功のためのFAXDM代行業者の選び方、付き合い方、比較情報も掲載。

FAXDM原稿

FAXDMの原稿に承認のための押印欄を付ける必要があるか?

投稿日:

僕は 少しでも原稿の反応率を上げようと日々工夫をしています。
今回、工夫はしたが、効果がなかったことを共有したいと思います。

僕は講習会の集客にFAXDMを使っています。

講習の申し込みは、原稿の申し込み欄に記入して返信してもらっています。
僕はFAXDMの返信をすべて目を通しています

以前から返信された原稿に判子がいくつか押されていることがありました。

上から下に向かって判子が押されているのか?下から上に向かって判子が押されているのか?は不明ですが、とにかく判子が数個おされていることがあります。
たぶん稟議書として上役の人から承認を得ているのではと思い、判子を押しやすいように承認のための押印欄をつけてみました。

その結果は・・・

普段、目にするFAXDMの返信には判子が押されているのをよく見ますが、実際は判子が押されているのは、比較的例外のようでした。つまり、承認のための押印欄の判子を押す部分があまり使われていません。例外だからこそ、目についたのだと思います。

また、一部、判子を押されているものもありましたが、残念ながら判子を押す箱の数が足らず、付け加えられていたりします。お客様に、余計な手間を掛けさせていたのです。今までは、好き勝手に判子が押されていたのですからね。

僕は、FAXDMの返信をすべて目を通していますが、例外だからこそ目についてしまい、その対策が必要だと感じてしまうのです。でも、例外に対してFAXDMをカスタマイズしても、限られた紙面を使ってしまうだけで、効果が薄いということがわかりました。

もう一つ思ったことは、お客様にとって必要な情報を付け加えること、行動を促す要素を付け加えることなら必要だと思いますが、FAXDMに反応しようとしている段階(つまりは判子を押す段階)でのお客様の便利までを限られた紙面に入れる必要はないと思いました。

承認のための押印欄は不要と判断して、早々に元に戻しました。

簡単!便利!にFAXDM業者を見つけよう


FAXDM一括見積もりサービスへGO!

-FAXDM原稿

関連記事

FAXDM原稿

FAXDM原稿の基本の4つの型

FAXDMの成否を決める大きな要因となるのが、原稿です。 誰もが頭を悩ますところですね。FAXDMと言っても、ダイレクトメールの一つですので、その書き方の基本はネットを探しても、書店に行って探しても、 …

FAXDM原稿

FAXDM原稿テンプレート。無料でダウンロード

無料で使えるFAXDMの原稿テンプレートを作って公開しようかなぁと思ったのですが、探せばいろいろありますね。 今更、僕が作っても、あんまり貢献できないので作るのをやめました。 無料でダウンロードできる …

FAXDM原稿

商材によってFAXDM原稿の作り方や役割が違う

FAXDMをする目的は、販売です。誰もが『売りたい』のです。 しかし、世の中、そんなに簡単に売れるのであれば、誰も苦労しません。 FAXDMで『売りたい』のであれば、売れるようにダイレクトマーケティン …

FAXDM原稿

FAXDMのダメなオファーとは?魅力的なオファーとは

FAXDMの原稿を作成する際には、必ずと言っていいほど「魅力的なオファーを考えなさい!」っていいます。 これはFAXDMだけでなく、ダイレクトメール全体の言えることなんですけどね。 しかし、普通考えて …