FAXDMの名人

まだまだ現役のFAXDM。FAXDMの反応率アップ、クレーム対策、法人リストのノウハウ情報をお届けしています。FAXDM成功のためのFAXDM代行業者の選び方、付き合い方、比較情報も掲載。

FAXDM代行業者比較

初心者でも依頼できるFAXDM業者はどこか?原稿作成サービスで比較

投稿日:

FAXDMの経験者ならいざ知らず初心者となるとFAXDMで一番悩むのが原稿作りだと思います。
あまりの面倒くさに業者に原稿作成を発注して丸投げしたいと思ってしまうのではないでしょうか?
ですがご自分のビジネスをよく知っているのは他でもないあなたなのです。
主体的に原稿作りに関わって行かないことには反応率のいい faxdmの原稿は出来ないでしょう。
また、一見すると綺麗なFAXDM原稿を作る業者も多いと思います。
だけど、それで効果が出るのかどうか?FAXDMでのマーケティングのノウハウがあるところに依頼しないと意味がないと思います。

FAXDM業者の原稿作成サービス価格の比較表と相場

FAXDM業者が原稿作成サービスを提供しているかどうかをそれぞれ調査して表にしました。
この表によって、一目で、その業者に原稿作成を外注できるかどうかがわかります。

サービス名(会社名)原稿制作
戦略的FAXDM(株式会社シーオン)原稿デザイン2万円(修正2回)
原稿制作3万円(修正2回)
faxdmコンサルティング(株式会社ファーストストラテジー)デザイナ-コ-ス:2万円
セ-ルスコピ-ライタ-コ-ス:5万円
コンサルタントコ-ス:9万8千円
株式会社KIプロジェクト(株式会社KIプロジェクト)モノクロマンガ原稿 5万円
フルカラ-マンガ原稿 8万円
モノクロ通常原稿 3万5千円
フルカラ-通常原稿 6万5千円
FAX-DM(株式会社エクストリンク)無し
FAXDMの匠(株式会社いろりコミュニケーション)
FAXDM君(オフィスクリエイト)無し
TOP FAX(株式会社トップファックス)無し
FAXdeつなが~る(株式会社KILAMEK)
NetReal株式会社(NetReal株式会社)5万円
FAXキング(モズエンタープライズ株式会社)
日本メディック株式会社(日本メディック株式会社)
NetFAX(NetReal株式会社)無し
ValueFAX(株式会社Value)デザイン制作:2万5千円
原稿制作:10万円
FAX配信代行(株式会社プレゼンス)3万円~
イーパートナー(有限会社 eパートナー )10万円
FAXDMビジネス便(株式会社 KILAMEK)1万8千円~
FAX-DM 集客名人(株式会社ビジネス・ソリューション)別途料金
FAXDMマーケティングセンター()2万円
Urizo ウリゾウ(株式会社セールスサポート)
株式会社イーアセット(株式会社イーアセット)
法人名簿がもらえるFAXDMサービス(株式会社マーケットリサーチ)52290円(税込)
FAXコンビニ(株式会社エコナビウイン)無し
FAX番号リスト送信サービス(株式会社ナビット)
faxdm.mobi(株式会社ファーストストラテジー)
Fax-DM(株式会社エクストリンク)無し
FAXDM(ワールドエージェンシー株式会社)代行(有料)
FAXDM配信代行サービス(株式会社シスプロ)1万5千円~
売上アップサポートセンター(合資会社ジャパン・メディア・サポート)無し
FAXDM(タカラデータジャパン株式会社)
faxdm屋ドットコム(有限会社 イージー・コミュニケーションズ)
FAXDMビルダー・イポスタシス(有限会社イポスタシス)お客様のためだけのオリジナルデザインFAXDM原稿1万5千円
FAXDMテンプレ-トを使用した原稿作成7千円

この表から、FAXDMの原稿作成サービスを提供しているところ、提供していないところに分けることができます。
送信に特化して低価格を売りにしているところは、原稿作成サービスを提供してないところが多いです。

FAXDMの原稿を依頼するには、最低7000円から最高10万円となっています。内容については、後ほど説明します。

この表には掲載していませんが、ネクスウェイ、日本テレネットのように定期的にFADMのセミナーを開いている大手FAXDM送信業者でも原稿作成サービスがあります。価格については、それぞれに問い合わせてみてください。

「無し」と表記しているところは原稿作成のサービスを提供していないところになります。
「-」は、ホームページに原稿作成サービスの記載がないところになります。

FAXDM原稿作成代行の内容と種類

原稿作成サービスの価格は7000円から10万円ぐらいと幅広く、価格によって内容がかなり違ってきます。
価格が安いところから順に下記のような違いがあります。

  • 手書き原稿を代行で書く
  • ヒアリングシートと資料から作成する
  • ヒアリングシートと資料に加えてインタビューを行い作成する

理想は、会社に来てもらって、対話する中で原稿を作ってもらうことです。一人で考えて作るとついつい思い入れが強く出てしまい顧客に理解されにくいものになりがちです。

FADM業者と共に作ると、多くの原稿とその結果を見てきた見地から、自社の商品の魅力の伝え方や価値を見出してくれるからです。

また会話の中で、他社の事例、外しては行けない点なども浮き彫りになるでしょう。

しかし、対面でインタビューしてくれるところが少ないのが難点です。ネクスウェイ、日本テレネットのようなところになってくると思います。

価格が安いところ、中間ぐらいの価格のほとんどのところが、ホームページ、DM、チラシなど他の媒体用の広告をFAXDM用に手直しする感じだと思います。

FAXDM原稿を業者に発注すれば反応率はいいのか?

プロに作ってもらえればFAXDMの反応率は間違いないか?

先ほどの表を見てもらえれば原稿作成サービスを提供している会社が少ないということに気づくと思います。10年以上の業歴がある会社においても原稿作成を代行してくれないところが多いです。 「法人名簿がもらえるFAXDMサービス」のホームページには、「ただし、なるべくでしたら原稿作成は御社でやって頂いた方が宜しいかと思います」と注意書きがあるぐらいです。
それだけ労力の割には儲からない、つまり簡単には反応率が高いFAXDM原稿が作れないということだと思います。

そういう意味では、前向きにFAXDM原稿作成サービスを提供しているところは、その心意気だけでも賞賛に値します。

FAXDM原稿作成サービスを提供しているところからは、FAXDMならではの原稿の切り口などFAXDM独特のノウハウを得れると思いますが、FAXD業者にすべて任せてしまえばいいのかというとそうではありません。

結局のところ、反応率が良い原稿ができるかどうかは、お互いのマーケティング能力のかけ算なのです。

あなたのマーケティング能力 X FAXDM業者の担当者のマーケティング能力

昔の話しですが、FAXDM業を営んでいた時に、原稿作成サービスを依頼してこられたお客差なに「自社商品の特徴はどのようなものか?」と聞いたときに、「他と大して変わらないですね」と答えられた人がいました。それでも頑張って質問を続けましたが、そこからできるFAXDMの原稿の反応率は言うまでもないですよね。

こういう場合でも、FAXDM業者が、もしくはその担当者が、その業界に詳しく多くの事例を手掛けているなら、それに乗っかってしまうという手があります。ただ、反応率が高く見込み客を集められても結局、成約に結びつかないんです。

FAXDMを依頼する前に商品開発やサービス開発についてマーケティング面から再考する必要があります。

FAXDMの原稿作成を依頼するための事前準備。

FAXDMの原稿の作成依頼する前に、次の3つは、整理しておくべきでしょう。
現状、他の媒体で広告を出向している人なら、オファーの部分だけを考えるだけでいいかと思います。

この整理は誰がするかということになると、おそらく自社のビジネス、サービスを良く理解している人となると、中小企業だと社長となってしまいます。

顧客が選ぶ理由

冷静に客観的に見て、こういうお客はライバルに流れるけれど、こういう客は私たちのところに来るというような競合と比較したときの違いであり、強みであり、選んでもらった理由です。こういうのを顧客に響くように数字化、メッセージ化したものが、いわゆるUSPというものです。

例えば、納期、カスタマイズ性、アフターサービス、支払い方法、コスト、品質、取り組み方などに関して競合より自社が選ばれる理由を探っていけばいいと思います。

新商品や新サービスでは、まだ顧客の反応もないでしょから、想定している顧客(ターゲット)のどのような問題をどのように解決するのか、現状では解決できてない理由などから、メッセージを作っていくことになります。

例えば、これを使えば、人件費が20%削減できるとか、工程を簡素化でき歩留率が上がるとか、顧客にとって、わかりやすいメリットとなるようにメッセージを用意する必要があるでしょう。

FAXDM業者が、あなたの業界の事例を多くもっていても、あなたの会社の売りまでわかるはずがありません。FAXDM業者は、あなたの会社の売りを会話の中で引き出そうとしてくれるかも知れませんが、事前に社長自身で考えておけばさらに良いものになるでしょう。

見込み客化するためのオファー

オファーとは、申し出、提案ということですが、FAXDMにおいては、読み手から申し込みをもらうための提案です。申し込みといっても契約ではなく、無料小冊子、無料サンプル、無料セミナー、無料DVDなど、顧客にメリットがあり、手間を掛けさせないものへの申し込みです。

たとえば、施行が迫る法律への対策セミナー、年間200万円得する助成金の活用小冊子など、顧客が必要と迫られている、顧客の恩恵があるものなど。

反応率がいい原稿には、「顧客が今まさにそれがほしかった」というようなオファーがあるものです。

オファーの重要性というのは、FAXDM業者が成功報酬でFAXDMを請け負う場合、オファー無しでは決して請け負わないというところからもわかります。

どうしてもFAXDMというものは、相手の紙とインクを使うものなので、一方的な売り込みをするものは敬遠されがちです。相手にとって、お得な情報、知る価値があるものをお知らせするという態度での取り組むのがいいでしょう。

見込み客から顧客化(本契約)までの流れ

オファーと重なりますが、FAXDMは見込み客の獲得に使うことが多いと思います。オファーとして、無料セミナーなどを開催するのはいいのですが、その後はどうでしょうか?

無料セミナーに参加してもらった時点で見込み客化は成功ですが、そこから成約に導くためのシナリオは用意されているでしょうか?もしくは成約に結びつけることができる黄金のルートとして確立されているものなのでしょうか?

士業の方に多いのですが、無料セミナー開催で力尽きてしまうのか、何かしらの契約に結びつける導線が作られてないことが多く、折角のチャンスを取り逃しています。

FAXDMの原稿を考えるのが面倒

原稿については、お互いのマーケティング能力次第と言いましたが、ちょっとしたお願いを懇意にしているお客さんにしてみてください。

お願いというのは、懇意にしているお客さんに送られてくるFAXDMを捨てないでとお願いしてください。
しばらくすれば、同業者のFAXDMの事例が集まるでしょう。届いていないならFAXDMでの競合がいないということですね。

勘のいい人なら懇意にしているお客に届いたFAXDMの原稿を真似て自分用のものを作ってしまうでしょうね。

FAXDM業者を決めるにはどうすればいいか?

FAXDM業者の決定には、リストの質とか、クレーム対応とか、総合的に考えるべきですが、はじめてなら、原稿作成を依頼できるところから、候補を絞り込むのが早いでしょう。

そして、FAXDMへの取り組みは、年間で予算と時間を確保して行っていくことをおすすめします。
反応がないからと、1回限りの取り組みで辞めてしまうのはもったいないです。
成功パターンを作るまでは、何度かのトライが必要です。
トライの中で、商品の見直しや、見込み客化から受注の流れの見直しが必要な場合もあるでしょう。
原稿を売り込み臭が漂うものにしないための工夫が必要でしょう。
反応率を上げるための切り口として、頒布会とか、共同仕入れでコストダウンとか、研究会からのお知らせとかが必要かも知れません。

1回で辞めないようにするには、最初からある程度の期間を想定して、予算を確保することです。
そういうところには、FAXDM業者も本気で向き合ってくれるでしょう。

簡単!便利!にFAXDM業者を見つけよう


FAXDM一括見積もりサービスへGO!

-FAXDM代行業者比較

関連記事

FAXDM代行業者の選び方

FAXDM送信会社を選ぶ基準がSEOの巧さになってしまっている。

皆さん、FAXDMを送ろうと思ったら、単に「FAXDM」ってGoogleで検索しますよね。 すると、何社も出てきますが、多くの人は検索結果の1ページ目になる数社を検討して終わることになります。 どんな …

FAXDM代行業者の選び方

FAXDM比較-レンタルリスト(法人名簿)で21社+αを比較

FAXDM用の名簿を持っていない場合は法人名簿をレンタルすることができます。 多くのFAXDM業者は、FAX番号付き法人名簿を保有しています。顧客は、その名簿をレンタルしてFAXDMを送信することがで …

FAXDM代行業者の選び方

複数のFAXDM業者を使うことのメリットを知っていますか?

僕のFAXDM業者とのお付き合いは、リクルート(今のネクスウェイ)から始まりました。 それから、エクスパダイト、日本テレネットと常に2つの業者とのお付き合いを10年間ぐらい行っていました。 その結果、 …

FAXDM代行業者の選び方

FAXDM比較:無料テンプレートと原稿アドバイスがある業者

「テンプレートがあれば型に当てはめて簡単にFAXDM原稿を作れるのではないか?それも無料であれば言うこと無し」 でも、こうやってテンプレート探しをしている方は、なかなか希望するテンプレートが見つからな …

FAXDM代行業者の選び方

FAXDM比較-FAXDM送信料金で21社+αを比較

今回から数回に分けて、FAXDM業者の比較をしていこうと思います。今回は、FAXDM業者の価格比較です。 FAXDM業者の価格比較は、他の業界に比べれば、やさしいのですがそれでもなかなか手強いです。 …