FAXDMの名人

まだまだ現役のFAXDM。FAXDMの反応率アップ、クレーム対策、法人リストのノウハウ情報をお届けしています。FAXDM成功のためのFAXDM代行業者の選び方、付き合い方、比較情報も掲載。

FAXDM反応率アップ

FAXDM原稿のレスポンス率改善

投稿日:

インターネットで手軽にできるシステムができたことによって、今までそのレベルまでいっていない人まで、「A/Bテスト」の存在を知ることになりました。キャッチコピーなどを少し改善するだけで売上が1.2倍、1.3倍とアップできるかもしれないとなると力が入るものでしすし、取り組んでないとしたら、相当な機会損失です。
当然のことながらFAXDMの原稿もテストを繰り返し、原稿の質を高めていくことが大切です。
ただ、FAXDMの原稿の質を上げようとするといくつかの大きな壁にぶつかってしまいます。

「A/Bテスト」で原稿を改善

FAXDMで「A/Bテスト」を行えば原稿を改善できます。
ただ、「A/Bテスト」を行うと思っても、FAXDMの送信量が少なく判断がつかないということが多々あります。

僕は、日々、2万件ほど送りますので、時々「A/Bテスト」を行って結果を反映させることがあります。しかし以前FAXDM業者をやっていた頃は、お客様から相談を受けても、「A/Bテスト」をするための送信数で、予定の送信数が終わってしまうことが多くありました。

送信リストが2000件程度だと、1つのパターンに1000件、もう一つのパターンに1000件の合計2000件で、結果、レスポンス率が違ったとしても、誤差の範囲でしかありません。
なら、3000件なら?5000件なら?となると、2つの原稿ならそれぞれ6000件、10000件となってしまい、たとえテストが出来たとしても、その結果を反映させた原稿を送信する先がテストで使い果たしてしまいなくなっている場合がほとんどです。

他社の成功例を参考にして原稿を改善

事前に、自社の業種業態で成果が上がっている原稿、FAXDM原稿の構成が似ている原稿を見つけて参考にすることで原稿を改善できます。。

ネットでのリスティング広告なら、他社の事例をすぐに見ることができるので、とても参考にしやすいのですが、FAXDMの他社事例は、すぐにというわけには行きません。

自分のFAX機に届いているFAXDM原稿を集めようとしても、参考にできそうな自社の業種業態のものがなかなか送られて来ません。
そうならばと、知り合いの会社に届いているFAXDM原稿を集めようとするのですが、手間がかかるばかりです。

時間や手間を惜しまなければ出来ないことではありませんが、誰もがそんなことはできません。

顧客の声を反映して原稿を改善

お客様の反応をFAXDM原稿に反映させることで原稿を改善できます。。
これは、問い合わせ或いは苦情も含めてFAXDMの返信に書かれていることを分析することです。
どこでお客様は良い反応、悪い反応を行うのかがわかってきます。
更にFAXDMに対する良い反応、悪い反応だけでなく、通常業務も含めた受電の内容をまとめることです。
お客様は何が知りたいのか、自社のどこに興味を持ってくれて問い合わせをしてくれたのかを分析して、その内容をFAXDM原稿に反映させることです。
結局はお客様の主観しか原稿の正否を判断できないからです。

確かにこの方法で改善はできますが、送信するまでは改善できませんし、反応率が悪い原稿であれば、改善の手掛かりを掴むことができません。

手っ取り早く確実な改善方法

結局、多くの人にとってFAXDMの原稿の改善は難しいかも知れません。

  • 「A/Bテスト」を行うほど大量のFAXDMを送信をすることがありません。
  • FAXDM原稿を集めて分析するだけの時間がありません。
  • 継続的にお客様の声を集めて改良するだけの段階に辿りつけません。

では、どうすればいいか?
すでにそういった情報を持っている人に手を貸してもらうしかありません。

方法は2つです。

  1. ゼロから作ってもらう方法
  2. 自分で作ったものを添削してもらう方法

ただ問題なのは、1でも2でも、手数料が高ければレスポンス率が上がっても、費用対効果は下がるということになります。
できれば、無料か無料に近くなければなりません。
原稿作成料金、添削料金のサービスがあるのかないのか、そしてその価格がどうなのかも、送信単価以外にも業者選びにおいて大きなポイントになります。
どれだけ送信単価が低価格でも反応がなければ、単なる投げ銭ですので・・・

簡単!便利!にFAXDM業者を見つけよう


FAXDM一括見積もりサービスへGO!

-FAXDM反応率アップ

関連記事

FAXDM反応率アップ

FAXDMの原稿に重要マークをつけると反応率はアップする?

FAXDM原稿の上部に「四角の枠の中に『重要』」とスタンプ的に入れてみるとどうなるのかという実験をしたことがあります。 重要マークを付ける実験を2回しました。 下記の3つの原稿で試してみました。 重要 …

FAXDM反応率アップ

FAXDMの到達率は100%ではない。なぜ?そして何%であれば適切?

ここに1000件のFAX送信リストがあるとします。これを事業所内のFAX複合機から送信した場合と、一斉同報会社から送信した場合では、前者の方が到達率は高いです。 一斉同報会社は、「ほぼ同じ」だと回答し …

FAXDM反応率アップ

FAXDMの反応率は通常0.1%~0.4% 0.1%以下の場合の原稿改善方法

ダイレクトメールの世界には、「千三つ」という言葉があります。レスポンス率(反応率)は0.3%ということですね。 FAXDMもダイレクトメールの中の一つですから、当然、この定義に当てはまります。 とは言 …

FAXDM反応率アップ

FAXDMの費用対効果の考え方

FAXDMに限らず広告全体に言えることですが、一つを売るのに幾らの広告費が必要なのかを計算することは大切なことです。 これが赤字であれば商売は成り立ちません。 しかしながら、ここが赤字だからと言って広 …

FAXDM反応率アップ

FAXDMの送信日時と反応率。いつ送れば効果がある?その視点ではダメ!

FAXDMの送信日時を決めることは、非常に難しいです。これが正解という答えに繋がる納得できる統計が取れていません。そのような中、僕の事業の場合、一般的な場合を紹介します。 筆者の送信日時 僕は、毎日( …