FAXDMの名人

まだまだ現役のFAXDM。FAXDMの反応率アップ、クレーム対策、法人リストのノウハウ情報をお届けしています。FAXDM成功のためのFAXDM代行業者の選び方、付き合い方、比較情報も掲載。

FAXDM原稿

FAXDM原稿の基本の4つの型

投稿日:

FAXDMの成否を決める大きな要因となるのが、原稿です。

誰もが頭を悩ますところですね。FAXDMと言っても、ダイレクトメールの一つですので、その書き方の基本はネットを探しても、書店に行って探しても、ありあまるほどのあると思います。

そういったものを手掛かりに、原稿の作成をしていけば良いのですが、FAXDMにはA4用紙1枚という制約があるので、そのために必要となる基本的な『形』をお話したいと思います。

FAXDM原稿の4つの基本形

1.チラシ型

ポストに配られるチラシ、郵送で送られてくるダイレクトメールのチラシ、誰もが受け取ったことがあるはずです。

そのチラシを基本形として、下部に返信部分を入れて作れば完成です。低価格、セールなどを強調するFAXDMならこういった原稿を使うことができます。

2.セールスレター型

キャッチコピーが冒頭にあり、メリットを強調しながら、様々な構成で作ることできます。

このセールスレター型の具体的な書き方の書籍は山のようの売られているので、作り方に困ることはないと思います。そして、ここでも下部に返信部分を入れて作れば完成です。

3.手紙型

これは、何も考えずに見込み客に向けて手紙を書くのです。

比較的素人の方でも取り組み易い方法です。現代人は手紙を書く習慣がないので、その意味でのハードルは高いかもしれませんが、自分の思いを手紙にのせて送るという点で取り組み易いですね。

また、原稿を作る際のソフトの操作技術も不要なので、そういった点でも取り組み易い方法です。そして、ここでも下部に返信部分を入れて作れば完成です。

4.箇条書き型

講習会やセミナーなどのFAXDMに使われる原稿です。

もちろん、講習会やセミナーでも、1から3の型でも良いのですが、時間、会場、その他の情報を入れるのであれば、部分的であれ箇条書きにせざるを得えません。

僕は、この分野で年間2万人程度の募集をしているので、ノウハウを何行でも書くことができますが、それはまた別の機会にしたいと思います。もちろん、ここでも下部に返信部分を入れて作れば完成です。

自社でノウハウを蓄積してライバルを凌駕

4つの基本形を書きましたが、あえてすべてに「下部に返信部分を入れて作れば完成です」と書きました。

つまり、A4用紙1枚と言っても、下部4分の1程度に返信部分を入れるわけですから、実際に使える場所は4分の3程度の小さな部分です。

その小さな部分でお客様を獲得していくというのが基本です。

つまり、情報をこれでもかと詰め込むことはできないのにも関わらず、
見込み客に行動を起こしてもらわなければならない。

その前には。決裁権を持っている人の手に渡してもらうという行動までしてもらわなければならない。

このように、とってもハードルが高いですが、小さい紙面だからこそ、ノウハウの蓄積をしていけば、同業者から頭1つ、いや頭4つ抜け出すことができるのです。

それは、レスポンスの結果というだけでなく、あなたの頭の中を整理するという点で、自社の強み分析など、今後の販売促進に大きな影響を与えることだと考えてください。それも原稿を作る一つの成果、効果なのです。

簡単!便利!にFAXDM業者を見つけよう


FAXDM一括見積もりサービスへGO!

-FAXDM原稿

関連記事

FAXDM原稿

FAXDMのダメなオファーとは?魅力的なオファーとは

FAXDMの原稿を作成する際には、必ずと言っていいほど「魅力的なオファーを考えなさい!」っていいます。 これはFAXDMだけでなく、ダイレクトメール全体の言えることなんですけどね。 しかし、普通考えて …

FAXDM原稿

商材によってFAXDM原稿の作り方や役割が違う

FAXDMをする目的は、販売です。誰もが『売りたい』のです。 しかし、世の中、そんなに簡単に売れるのであれば、誰も苦労しません。 FAXDMで『売りたい』のであれば、売れるようにダイレクトマーケティン …

FAXDM原稿

FAXDM原稿テンプレート。無料でダウンロード

無料で使えるFAXDMの原稿テンプレートを作って公開しようかなぁと思ったのですが、探せばいろいろありますね。 今更、僕が作っても、あんまり貢献できないので作るのをやめました。 無料でダウンロードできる …