FAXDMの名人

FAXDMは対法人へのプッシュ型&低コストの宣伝手法。まだまだ新規顧客獲得にFAXDMを活用できます。このサイトでは反応率アップ、クレーム対策、法人リストのノウハウ情報をお届けしています。FAXDM成功のためのFAXDM代行業者の選び方、付き合い方、比較情報も掲載。

FAXDM反応率アップ

FAXDMの反応率アップにはWEBサイトが欠かせない

投稿日:

FAXDMを送信すると、WEBサイトからの申し込みが増えます。

つまり、FAXDMの下部にある返信部分を使わずに、WEBサイトの申込フォームから申し込みをしてくる人が必ずいます。

何故かと言えば、FAXDMの原稿を見て申し込むにあたって、どのような会社なのかをネット検索して調べるからです。

そのついでにWEBサイトの申込サイトから申し込んでしまうのです。書くのって面倒ですからね。

FAXDMからの申し込みを逃しているのは、あなたのWEBサイトでは?

ここでポイントなのは、FAXDMの原稿を見た時に受けた感覚と、WEBサイトを見た時に受けた感覚が同じでないといけないということです。

ここまで読んで「そりゃ、そうだ!」って思う人と、「何言ってんだろう?」と思う人と明確に分かれてしまうと思います。

ネット広告では離脱者を出さないようにしている

「そりゃ、そうだ!」と思った人は、日頃からリスティング広告やFB広告などをやっている人だと思います。

例えば、文字しかないリスティング広告で言うならば、キャッチコピーを見てクリックしたにも関わらず、リンクが貼られているランディングページのキャッチコピーが違う視点から書かれていたら、それに違和感を覚えて、即離脱してしまいます。

また、FB広告など画像が優先されるような広告媒体なら、リンクが貼られているランディングページの画像が全く違うものであったら、即離脱してします。

実際、ネット広告は数字が簡単に取れるので、自分自身でも裏付けが簡単にできますから、多くの人が納得していることだと思います。

FAXDMをきっかけにサイト訪問してくれた客の導線は見落とされる

しかし、FAXDMを見てWEBサイトに来た人が、何人なのかは推定するしか方法がありません。

また、即離脱した人が、FAXDMを見た人なのかどうかなんて、もはや全くわかりません。

だからこそ、見落とされがちの部分なんですよね。

だから、WEBサイトを見た時に受ける感覚とFAXDMの原稿を見た時に受ける感覚を同じようになるように設計していかなければなりません。

Webサイトを改善すると考えると面倒

ここで面倒なのは、FAXDMからWEBサイトを見るということです。

ネット広告ならリンク先を自由に設定できるので、広告と同じ感覚を受けるように専用のランディングページ作ることができます。

しかし、FAXDMは社名を検索されるので、WEBサイトという全体が見えてしまうので、感覚を操作するのはWEBサイトでなく、FAXDMの原稿となってしまうのです。

FAXDMはマーケティングの全体を最適化すべし

多くの人はFAXDMの原稿をひたすら良くしようとしますが、それはマーケティング全体の中での部分最適を頑張っているだけなんです。

いくら部分が最適化されて良いものができたとしても、全体が最適化されずに方向性がなければ成果は生まれてきません。

部分最適では何も解決されないということを知っていなければなりません。だからこそ、僕はFAXDMの成功を原稿の質に求めるような小手先のやり方には異を唱えたいと思います。

簡単!便利!にFAXDM業者を見つけよう


FAXDM一括見積もりサービスへGO!

-FAXDM反応率アップ

関連記事

FAXDM反応率アップ

FAXDMの送信日時と反応率。いつ送れば効果がある?その視点ではダメ!

FAXDMの送信日時を決めることは、非常に難しいです。これが正解という答えに繋がる納得できる統計が取れていません。そのような中、僕の事業の場合、一般的な場合を紹介します。 筆者の送信日時 僕は、毎日( …

FAXDM反応率アップ

FAXDMの返信があったら真っ先にする事があります。出来てますか?

FAXDMに問い合わせがあったら、とっても嬉しいです。その嬉しさのあまり、一生懸命に何かしらのオファーの内容を遵守すべく、作業に入ってしまう人が多くいます。もちろん、オファーを遵守することは最低限必要 …

FAXDM反応率アップ

FAXDMの単純接触効果(ザイアンスの法則)

FAXDMにも単純接触効果(ザイアンスの法則)があります。ただ、一つだけ注意がありますが、、、 FAXDMは好感を持たれないのでは? それは、FAXDMそのものを拒否している人は、FAXDMを送ってく …

FAXDM反応率アップ

FAXDMの原稿に専門用語は使わない。漢字は小学生でもわかるものを使用する

90%の確率で、ダイレクトメールに専門用語を入れるのは良くありません。 基本的には、小中学生でも理解できるレベルの文章にすべきだと思います。 さらに漢字でさえ小中学生レベルのものに落とすべきだと考えま …

FAXDM反応率アップ

FAXDMの到達率は100%ではない。なぜ?そして何%であれば適切?

ここに1000件のFAX送信リストがあるとします。これを事業所内のFAX複合機から送信した場合と、一斉同報会社から送信した場合では、前者の方が到達率は高いです。 一斉同報会社は、「ほぼ同じ」だと回答し …